引越し 家賃

引越しでのダブル家賃の回避方法

引越し 家賃

 

引越しで現住所の家賃と新居の家賃を同じ月に支払うのは勿体ないので避けたいところですね。
引越しは月末に多くなる理由がここにあります。

 

月初めから新しい物件に入居したほうが家賃が無駄にならないからです。
ダブル家賃を回避するために工夫がいくつかあります。

 

まず現住所に入居した際に「ここを出る時は3カ月前に告知すること」などの契約をしているはずですから確認してください。
3ヶ月前ということは新居が決まってから告知したのでは間に合わないことも多く、ダブル家賃が発生する可能性が高いです。

 

ですからまずは現住所の管理会社に解約予告をしてから新居を探しましょう。

 

「3カ月後に出ます」と先に予告して、その間に新居を探し、引越し予定日ギリギリに契約するのが理想的です。

 

二重家賃回避のために建設中の新居物件を予約するという方法もあります。
建設中なので手付金を支払えば予約ができて、家賃は発生しません。

 

ほかにも1カ月フリーレント(家賃がタダ)という物件もありますので、そういう物件を狙うという方法もあります。

 

しかしそんなに上手くいかないこともありますね。そんな理想的な物件に出会える可能性は高くないです。

 

現実的な方法なのは、新居物件の管理会社に相談して、家賃を日割り計算にしてもらえないかなどの交渉をしてみることです。
物件を空部屋にしておくのは嫌なので、交渉に応じてくれることもあります。

 

駐車場を借りている人は、駐車場の解約予告も忘れないようにしましょう。