冷蔵庫 粗大ごみ

冷蔵庫と粗大ごみ

冷蔵庫 粗大ごみ

 

引越しの時にいらない大きな家具や家電は、思い切って断捨離しましょう。

 

これらはサイズが大きいので新居に持っていこうとするとその分大きなトラックが必要になり、費用がかさむ場合もあります。
新居に運んでからやっぱりいらないから捨てようというのは、実に勿体ない話です。

 

しかし、残念ながら粗大ごみはいつでも自分の好きなタイミングで捨てられるものではありません。
市区町村によって回収方法は違いますが、ちょっと手間がかかるのです。

 

だいたい2つ、@回収に来てもらう方法とA自分で持って行く方法とがあります。

 

自治体によって名前が違いますがクリーンセンターやリサイクルセンターなどに連絡をします。
そして引き取りに来てもらう日を予約し、コンビニで粗大ごみシールを買って捨てたいものにシールを貼ります。
それを約束の場所に時間以内に置いておけば業者が回収にに来てくれます。

粗大ごみシールは手数料なので1つのごみに対して1枚必要ですし、シールの値段は家具の大きさによってことなります。

詳しくはお住いの自治体のホームページなどで確認してください。

 

もう1つの自分で捨てに行く方法はまず廃棄日を予約して、自分でリサイクルセンターに持ち込みます。
自分で運ぶことができれば、粗大ごみシールを貼る必要はありません。
詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

ただし、以下のものは粗大ごみではありませんのでご注意ください。

 

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法により粗大ごみ扱いではないため、家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。