冷蔵庫 輸送方法

冷蔵庫の輸送方法を探しているなら@安い運送はこれ

冷蔵庫 運搬

冷蔵庫 輸送

冷蔵庫 運賃

冷蔵庫 運搬費用

冷蔵庫 搬出

 

冷蔵庫を運搬したい。
でも、大きな冷蔵庫はそう単に動かすことはできません。なぜなら中身が空っぽの状態でも100kg近くあるからです。
1人で運ぼうとするのは危険ですから、必ず複数で輸送するか業者に依頼してくださいね。

 

冷蔵庫を運搬できる業者は限られています。
大手の運送業者と引越し業者、近場であれば便利屋などが冷蔵庫を運搬してくれます。

 

運送業者で冷蔵庫を扱っているのは家財便のあるヤマト運輸です。こちらはホームページを見ればどのくらいの費用がかかるのかが分かるようになっています。
しかしこの費用が安いかどうかはわかりませんので、引越し業者に一括見積もりをして比較してみるといいかと思います。

 

冷蔵庫 輸送費

 

引越し業者は本当に沢山あります。冷蔵庫だけを運搬してもらうのは申し訳ないと思うかもしれませんが、大きな家財だけを運んで欲しいという依頼は多いのでそういうサービスをしている業者は少なくないのでご安心ください。

 

一括見積もりは大手はもちろん、地元の小さな引越し業者まで200社以上が参加しており、あなたの住んでいる地域に対応できる業者からの見積もりを選んでくれます。
最大10社からの見積もりが届きますので、相場はもちろん一番安い業者を探すのも簡単です。

 

どこに依頼するか決めるには、いろいろなところから情報収集するのがオススメです。
引越し業者一括見積もり、ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

 

引越しの手順

 

冷蔵庫輸送手順

 

引越しにはいろいろな手順があり、面倒ではありますが一つずつ片付けていけばそんなに大変ではありません。
まずはどんな手順なのか確認しておきましょう。

 

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼します。

 

引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。
エレベーターがある4階となしの4階では、引越しの料金が同じではありませんし、物件の近くにトラックを横付けできる場所があるかどうかでも費用が変わります。

 

引越し業者に見積もりをするタイミングは、新居が決まったら早めがオススメです。

 

 

・荷物を梱包したり、不用品の処分などを行います。

 

引越し日までに荷物を分別しながらすこしずつ梱包し、不用品が出たらこれらはゴミカレンダーで計画的に捨てておきましょう。
引越しの際には荷物が多いと費用が高くなるので、無駄に不用品が多いとその分無駄な料金が発生します。
いらないものは売る・あげる・捨てるなどの方法で処分して、引越し当日までに荷物を減らしましょう。

 

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出します。(2週間前〜)

 

市外への引越しの際は、選挙のお知らせなどが新居宛てに届くように市町村役場で手配しなければなりません。
転出届を提出しましょう。
さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

 

・電気・ガス・水道・通信会社などのインフラ会社に引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認しましょう。

 

電気やガス、水道などは引越し日までは現住所でも使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように連絡しなければなりません。
新居での手配を忘れて電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いです。
現住所でつかった分の費用の精算については、会社によって違うので詳しく聞いておきましょう。

 

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続きを行います。(届出から1年間有効)

 

郵便物が新居に届くようにするには手配しましょう。
郵便局に転送の手続きをしておくと、その後1年間は郵便物が新居に届くようにできます。

 

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておきましょう。

 

引越し日はどこに何の家具を置くかなどの指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所など決めて、紙にかいておくと引越し当日はスムーズです。
大きな家具がある場合は、玄関や廊下をちゃんと通るかサイズを測ってシミュレーションしておくと安心です。

 

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出します。

 

同一市内なら転居届けを、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。
年金のこと、健康保険のこと、ゴミカレンダーについてなども聞いておきましょう。

 

 

・荷解きをします。

 

荷解きは急がなくてもいいですが、頻繁に使うものはダンボールに分かりやすく記載しておくと便利です。

 

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行います。

 

役所関係以外でも、免許やパスポート、カード類など、住所変更の手続きが必要なものは連絡して変えてもらいましょう。
免許証は身分証にもなりますので必ず行いましょう。

 

 

引越しを安くする

 

引越し安く

 

引越し料金は安いほうが良いですね。
引越し業者一括見積もりで業者を比較する意外にも、引越し条件の見直しで引越し費用が安くなるのです。

 

まず繁忙期(3月前後)は引越し料金が高いと言いました。
しかし通常期でも、土日祝日の午前や大安といった日は人気があるため他の日よりも引越し費用はやや高めです。

 

もし平日に引越しができるなら引越し費用は安くなる可能性が高いです。

 

ほかにもトラックと運転手だけを用意してもらうチャーター便は、引越しを手伝ってくれる友人知人はいるけど車がないという人にオススメです。
トラックに荷物を積む際に、背の高い家具や大きな家電はどうすればいいのか案外わからないものです。
軽トラックをレンタルする方法もありますが、運ぶのも運転も自分というのは結構大変なのです。

 

長距離の引っ越しは距離にもよりますが、数十万円かかってもおかしくありません。
一人暮らしの引越しなら、単身パックや混載便を利用するのがオススメです。

 

これは同じ方面に荷物を運びたい何人かでトラックの費用を割る形で運ばれますので、経費がかなり抑えられ安く引っ越しできます。

 

 

引越しのあいさつの時期

 

引越しあいさつ

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行きましょう。
どうしてかというと、先延ばしにすると行くのが面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ会ってしまって行くタイミングを逃したりします。

 

引越し前にあいさつ用の粗品を用意して、早めに行くのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいのタオルや洗剤、コーヒーや紅茶、お菓子などが喜ばれると思います。

 

では一体どこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行きましょう。
大家さんや管理人さんが近くにお住いなら、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのようなに住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね